プログラム

1日目(2017年10月20日(金))

13:00 開場・受付開始
14:00~14:20 開会式
14:20~15:20 【記念講演】
講師/佐賀 俊彦 教授(近畿大学医学部心臓血管外科)
テーマ/「超高齢者大動脈弁狭窄に対する治療戦略」
15:30~17:30 【シンポジウム】
18:00~20:00 夕食交流会
20:00~ 二次会

2日目(2017年10月21日(土))

9:00~10:40 分科会前半(6会場で開催)
10:40~11:00 休憩
11:00~12:45 分科会後半(6会場で開催)
13:00~13:30 全体会・表彰式

― 大会終了後は、大阪の観光などをお楽しみください ―


分科会

各分科会使用会議室

分科会 会議室 備考
第1分科会 A-1会議室 この会議室は12時で締め切ります
第2分科会 D会議室
第3分科会 F会議室
第4分科会 E会議室 この会議室で分科会後、閉会式を行います
第5分科会 B会議室
第6分科会 A-2会議室

※23階のE・F会議室へは22階の階段よりおあがりください。エレベータでは23階に上がることはできません。

第1分科会A-1
座長:中野 治(鹿児島生協病院)・山下 晋(松江生協病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
1 1-A-1 福岡 大手町病院 和泉 遼 医師 肺塞栓症の治療経過においてSⅠQⅢTⅢの心電図変化をきたした症例
2 1-A-2 熊本 くわみず病院 尾田 新吾 医師 好酸球増加を伴う深部静脈血栓症および肺塞栓症を来した1例
3 1-A-3 大阪 耳原総合病院 鷲見 宗一郎 医師 外科的治療を必要とした僧帽弁逸脱症を伴う心不全の一例
4 1-A-4 東京 大田病院 佐久間 隆貴 医師 冠動脈炎に伴う血栓形成から急性心筋梗塞、心破裂を発症した一剖検例
5 1-A-5 大阪 耳原総合病院 具 滋樹 医師 カテーテル検査にて状態悪化させかねなかった急性下肢虚血の一例
6 1-A-6 千葉 船橋二和病院 小山 紗千 医師 上腸間膜動脈閉塞症による広範囲腸管壊死・急性期脳梗塞・急性下肢動脈閉塞症を同時期に発症するも救命しえた左心耳内血栓症の一例
7 1-A-7 鳥取 鳥取生協病院 平田 雅子 医師 トルバプタンとASVの導入により自宅退院可能になった低心機能の心不全患者の一例~多職種連携が奏功した症例~

第2分科会一部 D会議室
座長:豊田 文俊(千鳥橋病院)・末武 修史(下越病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
1 2-A-1 山梨 甲府共立病院 田中 裕也 医師 完全房室ブロックから4年後にサルコイドーシスと診断した1例
2 2-A-2 青森 あおもり協立病院 澤岡 孝幸 医師 当院におけるペースメーカ植込み術のまとめ~第2報 合併症について
3 2-A-3 北海道 勤医協中央病院 郡司 尚玲 医師 心房細動アブレーション時の全身麻酔導入
4 2-A-4 鹿児島 奄美中央病院 折田 浩 医師 奄美大島から鹿児島本土にドクターヘリで搬送された2症例
5 2-A-5 福岡 大手町病院 末永 智大 医師 蘇生に成功したブルガダ症候群の1例
6 2-A-6 福岡 大手町病院 梅田 滉弥 医師 50歳以下の院外心肺停止15例の検討
7 2-A-7 岡山 岡山協立病院 角南 和治 医師 救命の連鎖で社会復帰に至った特発性心室細動の1例

第2分科会二部 D会議室
座長:車谷 容子(甲府共立病院)・角南 和治(岡山協立病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
8 2-B-8 宮城 坂総合病院 早川 晃司 医師 重度跛行を伴う両側EIA閉塞に対して経橈骨アプローチEVT先行で短期間に2期的EVTを可能にした1例
9 2-B-9 大阪 耳原総合病院 小笹 佑 医師 多科連携でより小領域での amputationで回避できた、CLIの一例
10 2-B-10 石川 城北病院 横山 加奈子 医師 城北病院でのEVTの取り組み
11 2-B-11 宮城 坂総合病院 佐々木 伸也 医師 膝下動脈病変による疼痛を繰り返すCLIに対して脊髄刺激療法が有効であった1例
12 2-B-12 大阪 耳原総合病院 鈴鹿裕城 医師 LMT-Bifurcationを含む3枝病変のACSを救命しえた1例
13 2-B-13 鳥取 鳥取生協病院 岡田睦博 医師 マイワーストケース 〜左主幹部ステント脱落の一例〜
14 2-B-14 鹿児島 鹿児島生協病院 中野 治 医師 左前下行枝のPCI中にステント脱落し、回収しえなかった一例

第3分科会一部 F会議室
座長:河野 洋子(耳原総合病院)・渡邊 由香里(下越病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
1 3-A-1 群馬 利根中央病院 菅野 まなみ 看護師 『循環器支援から6年、現在循環器病棟として』
2 3-A-2 大阪 耳原総合病院 徳重 誠子 看護師 カテ室チームにおける多職種カンファレンスの取り組み
3 3-A-3 大阪 耳原総合病院 山口 香織 看護師 こだわりの強い患者の看護を振り返って〜「私は患者よ」〜
4 3-A-4 青森 あおもり協立病院 八木橋 生美 看護師 血管造影室での鎮痛・鎮静への取り組み  ~クエン酸フェンタニル投与開始しての考察
5 3-A-5 青森 あおもり協立病院 佐藤 千恵子 看護師 血管造影室入室時の病棟との申し送り改善を試みて ~看護間での連携する為に行ったこと
6 3-A-6 宮城 坂総合病院 森 瑞歩 看護師 心臓カテーテルオリエンテーション実施方法の見直しへの取組み
7 3-A-7 長野 長野中央病院 山嵜 瑞季 看護師 経皮的カテーテル心筋焼灼術を受ける患者の看護~苦痛緩和のために看護師に求められること~
8 3-A-8 福岡 千鳥橋病院 永留 聖香 看護師 急性冠症候群患者への教育パンフレットの作成

第3分科会二部 F会議室
座長:深川 智子(千鳥橋病院)・八木橋 生美(あおもり協立病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
9 3-B-9 大阪 耳原総合病院 北村 友美 看護師 救急症例検討会を始めました~救急隊とAMIを振り返る~
10 3-B-10 群馬 利根中央病院 小林 祐介 看護師 田舎の病院で心リハを始めました 【1症例を通しての問題点】
11 3-B-11 岡山 岡山協立病院 安本 ちひろ 看護師 当院での心臓リハビリテーションウォーキング活動について
12 3-B-12 福岡 大手町病院 山下 心 看護師 心臓リハビリテーションにおける看護師の患者指導マニュアルの作成
13 3-B-13 京都 京都民医連中央病院 堀場 奈菜 看護師 当病棟での心臓リハビリテーションにおける患者教育の現状と課題
14 3-B-14 熊本 くわみず病院 坂根 恵美 看護師 不安が強い患者への関わり
15 3-B-15 青森 あおもり協立病院 坂本 雄一 看護師 カテーテル検査後の感染予防の為の抗生剤内服時間について
16 3-B-16 熊本 くわみず病院 二牟禮洋子 看護師 冠動脈CT導入への取り組みと今後の課題

第4分科会一部 E会議室
座長:辻本 秀光(土庫病院)・望月 桂子(甲府共立病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
1 4-A-1 島根 松江生協病院 井原 ひとみ 看護師 「生活から見直す心不全チーム」の立ち上げ
2 4-A-2 京都 京都民医連中央病院 三尾 知沙 看護師 末期心不全患者の意志決定を支える看護
3 4-A-3 兵庫 神戸協同病院 井上 朋美 看護師 末期心不全患者の終末期看護を振り返る
4 4-A-4 鳥取 鳥取生協病院 大呂 雅子 看護師 心筋梗塞からがん告知され手術が必要となった患者との関わり
5 4-A-5 大阪 耳原総合病院 和田 彩佳 看護師 心不全における緩和ケア ~患者に寄り添う~
6 4-A-6 千葉 船橋二和病院 佃 陽子 看護師 心不全患者に対するエンドオブライフケアに関する意識調査
7 4-A-7 山梨 甲府共立病院 小林こなつ 看護師 慢性心不全患者の生活指導~再燃を防止するために
8 4-A-8 福岡 千鳥橋病院 野口 美香 看護師 心不全チーム立ち上げに向けて

第4分科会二部 E会議室
座長:井原 ひとみ(松江生協病院)・三尾 知沙(京都民医連中央病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
9 4-B-9 大阪 耳原総合病院 藤林 彩 看護師 冠動脈バイパス術を受ける患者の術前・術後の看護を通じて学んだこと~「ログハウスに行きたいねん!!」の願いを叶えて~
10 4-B-10 北海道 勤医協中央病院 本間 彩花 看護師 心不全の再発を繰り返す子育て世代の女性への療養支援
11 4-B-11 山梨 甲府共立病院 望月 桂子 看護師 A病棟における慢性心不全患者への退院支援に関する実態調査~他職種カンファレンスから見えてきた課題~
12 4-B-12 千葉 船橋二和病院 本田 明以 看護師 心不全終末期患者・家族と医療者の認識の違いが生じた1例について
13 4-B-13 宮城 坂総合病院 鈴木 理恵 看護師 心不全指導の現状把握と生活指導パンフレット改訂の取り組みと報告
14 4-B-14 福岡 千鳥橋病院 上村 梨沙 看護師 心不全患者指導統一を目指して
15 4-B-15 東京 大田病院 渡部 由佳 看護師 入退院を短期間で繰り返す慢性心不全患者の実態調査

第5分科会一部 B会議室
座長:新井 志穂(耳原総合病院)・内潟 翔太(勤医協中央病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
1 5-A-1 岡山 岡山協立病院 荒嶋 智志 理学療法士 心不全既往の有無による当院維持透析患者のフレイルの現状調査
2 5-A-2 千葉 船橋二和病院 松永 康平 理学療法士 低負荷エルゴメータを用いた高齢心疾患患者に対する早期介入の有効性
3 5-A-3 北海道 勤医協中央病院 内潟 翔太 理学療法士 当院での心臓リハビリテーションの実践~開設9年を振り返り~
4 5-A-4 福岡 大手町病院 川本 真也 理学療法士 当院の心臓リハビリテーションについて
5 5-A-5 群馬 利根中央病院 狩野 進之助 理学療法士 心臓リハビリテーション開設に向けた取り組みと課題
6 5-A-6 京都 京都民医連中央病院 山下 真由子 理学療法士 リハビリテーション中止基準改定への取り組み~エキスパートコンセンサスと心疾患の取り扱いについての検討を中心に~
7 5-A-7 新潟 下越病院  五十嵐 徹 作業療法士 当院の心臓リハビリテーションにおける作業療法士の取り組み~パンフレットを用いた生活指導~
8 5-A-8 鳥取 鳥取生協病院 森下 昇 理学療法士 当院における心リハカンファレンスの重要性について

第5分科会二部 B会議室
座長:倉澤 康之(長野中央病院)・後藤 里香(耳原総合病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
9 5-B-9 新潟 下越病院  佐藤 光彰 理学療法士 終末期心不全患者の治療方針の決定に難渋した症例
10 5-B-10 千葉 船橋二和病院 渡辺 想平 理学療法士 重症心疾患を合併した透析中運動療法について当院の取り組み
11 5-B-11 千葉 船橋二和病院 大谷 晴香 理学療法士 再膨張性肺水腫によりICU管理を有し集中治療後症候群(PICS)となった患者の早期リハビリテーションと精神的ケアで歩行獲得した症例
12 5-B-12 長野 長野中央病院 倉澤 康之 理学療法士 血液浄化センター×心臓リハビリ=透析運動療法始めました!
13 5-B-13 青森 あおもり協立病院 須藤 竜生 理学療法士 重度心不全患者に対し、維持期での心臓リハビリテーションの継続が効果的であった症例
14 5-B-14 山梨 甲府共立病院 橋本 司 理学療法士 末梢動脈疾患患者における運動療法を中心とした関わり
15 5-B-15 群馬 利根中央病院 及川 桃子 作業療法士 精神面に配慮しリハビリテーションを行った症例
16 5-B-16 大阪 耳原総合病院 芝 和弘 理学療法士 ADLが低下した高齢開心術後患者への心臓リハビリテーション導入

第6分科会一部 A-2会議室
座長:赤間 創造(耳原総合病院)・宮下 朋弘(勤医協中央病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
1 6-A-1 大阪 耳原総合病院 向井 亮太郎 診療放射線技師 CAG時被ばく低減の方法
2 6-A-2 山梨 甲府共立病院 萩原 裕 診療放射線技師 新装置における看護師被ばく線量調査報告
3 6-A-3 奈良 土庫病院 松村 恒 診療放射線技師 心臓CTにて狭窄指摘されるも、冠動脈CTで所見無しであった症例
4 6-A-4 北海道 勤医協中央病院 宮下 朋弘 診療放射線技師 新病院移転に伴うカテ室業務の変化~当院カテ室における連携・協働~
5 6-A-5 福岡 千鳥橋病院 真鍋 徹也 臨床工学技士 Pull back speedの違いにおける画像取得・処理への影響と今後
6 6-A-6 鳥取 鳥取生協病院 最上 祐太郎 臨床工学技士 当院における心臓カテーテル検査及び治療での臨床工学技士の役割
7 6-A-7 京都 京都民医連中央病院 安部 健吾 臨床工学技士 VT stormに対しPCPSが有用であった一例
8 6-A-8 大阪 耳原総合病院 林 直輝 臨床工学技士 ME啓蒙活動へのchallenge

第6分科会二部 A-2会議室
座長:佐々木 志保(鳥取生協病院)・丸岡 邦啓(耳原総合病院)

発表順 演題番号 県連 事業所 演者 職種 演題名
9 6-B-9 北海道 勤医協中央病院 秋葉 直人 臨床検査技師 「右冠動脈解離を合併したStanford A型急性大動脈解離の1例」
10 6-B-10 鳥取 鳥取生協病院 佐々木 志保 臨床検査技師 大動脈弁置換術後に高度弁周囲逆流を認めた一症例を通して
11 6-B-11 鹿児島 鹿児島生協病院 鮎川 佳生 臨床検査技師 感染性心内膜炎による大動脈弁破壊と重症左心不全を経胸壁心エコーにて鮮明に観察しえた一例。
12 6-B-12 新潟 下越病院 国井 康子 臨床検査技師 修正大血管転位の1症例
13 6-B-13 群馬 利根中央病院 町田 恵美 薬剤師 『心臓リハビリテーションチーム内での薬剤師の関わり』
14 6-B-14 大阪 耳原総合病院 衛藤 沙季 薬剤師 アブレーション治療における薬剤師の関わり




全日本民医連 第34回 循環器懇話会 in おおさか

【お問合せ】
〒590-8505 堺市堺区協和町4丁465
社会医療法人 同仁会 耳原総合病院内
医局事務課 担当:疋田・南場 TEL.072-241-0501
E-mail cv.konwakai@mimihara.or.jp

© 全日本民医連 第34回 循環器懇話会inおおさか All Rights Reserved.